フォレストサプライ株式会社
tel:022-281-9833
LINEでお問い合わせ

フォレストコラム

林業へ携わるすべての方へ。林業における日本の現状や先進国の状況等お伝えいたします。

木質バイオマス発電について思うこと

日本の国土の68%が森林であり、その森林が年々太り続け、あまり利用されないまま放置されている現状は、国家的大問題です。
近年国策でFITという電力買取価格が策定され、その最も高い買取価格@40円/kwh(発電量2000kwh未満)が除間伐由来の木質バイオマス発電に適用されています。それにより、全国で220ヶ所以上の木質バイオマス発電所が計画または運用が開始されております。
当初の太陽光発電もこの価格でしたが、最近ではその半額の@20円というレベルになり、勢いは完全に衰えました。しかしながら、木質バイオマス発電においては、まだまだこれからの感じです。

先日、私の地元に小型の木質バイオマス発電システムが設置されたということを聞き、見学させてもらいました。
フィンランドのVOLTER社が製造している、VOLTER40というものです。
その名が示すように、発電量が40kwhの超小型システムでガスエンジン方式です。一般家庭およそ70軒分の電力を発電します。
木質バイオマス発電には、およそ二つの方式があります。
直接燃焼発電(蒸気タービン方式)とガス化発電です。
ガス化エンジン発電は、蒸気タービン発電の2倍のエネルギー効率があると言われ、小規模発電システム向きです。
フォレストサプライ_木質バイオマス発電システム
最初は日本の森林問題を解決する有望な方法かと思っていましたが、色々説明を聞いているうちに、少しネガティブな気持ちになってきました。
その問題点とは、
フル稼働して40kwhの発電をするには、毎日1トンの木材を消費すること。
こんな小さなシステムで、年間350トンの木材を使ってしまいます。
因みに、気仙沼のリアスの森さんは、800kwhの発電をしています。
単純計算で、毎日20トン必要です。
これでは、下手をすると山は荒れてしまいます。
美しい森林を維持し、継続的な循環型のエネルギーとは言えなくなります。
そのエネルギー効率は25%で、同時に100kwh相当の熱エネルギーが出ること。
つまり、熱エネルギーを有効利用できないと、薪ストーブの70%に比べるとそのエネルギー効率は遠く及ばない。

やっぱり薪で使うのが一番いいのか。
最近作ったファイヤーサークルで、一人焚き火をしながら考えてしまいした。
フォレストサプライ_ファイヤーサークルで一人焚き火

かかり木処理の動画を掲載しました

当社が販売する、イタリア製超小型エンジンウインチは、多方面に応用され、建設現場等でも利用されておりますが、主な用途は林業用です。

その林業用途での代表的な使われ方は、主に4つあります。
伐採現場での牽引搬出(集材)
トラックへの積み込み
伐倒補助(狙った方向への牽引伐採)
かかり木の処理
などです。

特にかかり木の処理は、大変危険な作業と言われております。
とっさの予想外の動きに対応が取れず、事故に巻き込まれてしまう恐れが大いにあります。
処理の仕方も臨機応変となり、豊富な経験と高い技量が必要とされます。
安全を確保するためには、とにかく材から離れておくことが何よりも重要です。

ウインチを使用して、かかり木の処理ができます
その点、当社の小型エンジンウインチを使った作業は遠隔作業となり、かつ力作業を機械に任せるため、周囲に注意を十分に払う余裕が生まれます。
材からの距離が取れる上、状況観察が広範囲に取れるため、結果的に安全マージンが大幅に生まれ、低労力・安全確保に加えて短時間作業という大きなメリットをもたらします。

処理方法も、引き倒し以外にバンドを使ったネジリ倒しやツルを切って元口から引くなど、人手だけでは到底無理な仕事を安全にこなします。

是非、現場でご体感ください。

伐倒研修会に参加してきました

1月14日、伐倒の研修会があるとの通知をいただき、参加してきました。 場所は宮城県川崎町腹帯地区の町有林です。 私は普段、自己所有の針葉樹を中心に伐倒しているのですが、今回は広葉樹の大木での研修という事で、今後の勉強のためそして何よりも安全に林業をするための貴重な経験です。 広葉樹は針葉樹と比べて、伐倒する際非常に注意が必要です。 針葉樹は、枝があまり横に張らず、幹もまっすぐに真上に伸びるのが特徴です。 特に杉やヒノキ・カラマツなどがそうです。 太い幹に細い枝が沢山つき、非常に素直な成長をします。 針葉樹のなかでも松などは少し曲がったりしますが、それでも結構素直な伸び方をします。 ところが、ナラやブナ・クヌギや栗など広葉樹は、幹の途中で大きな枝分かれを繰り返し、太い枝をたくさん抱えた上の方にボリュームをもった形状に育ちます。 木の形状や斜面の状況により、どちらに倒れるか分からないという重量バランスを持っています。 その上、針葉樹よりも材質が硬いため、伐倒の際、突然割れたり跳ねたりしやすいのです。 ですから、より安全を確保するために、チルホールやエンジンロープウインチで補助的に引っ張ったりもするわけです。 でも今回は、伐倒研修なので、そういった補助的な機械器具は使わずに、チェーンソーとクサビだけでの伐倒です。講師は、川崎町森林組合を定年退職された地元在住の大宮さんです。 さすがに手際よく、そして十分に安全を確認しながらの実演でした。受け口の付け方も見事に一発で決めます。さすがです。 大木の倒れるさまは、何度見ても迫力があります。 ビデオに収めましたのでご覧ください。

農文協から「季刊地域 山で稼ぐ」が発売中です

一般社団法人農山漁村文化協会から「季刊地域 山で稼ぐ」が1月5日に出版され、現在販売されています。
この季刊誌は年に4度出版され、農業・林業はもちろん、色々な田舎暮らしのテーマが盛りだくさんの内容です。出版数は毎号5万部とお聞きしました。

今号は、「山で稼ぐ」がメインテーマで、全国各地の有益情報が満載となっています。
当社のエンジン付きロープウインチも、見開き2ページのスペースをいただきご紹介させていただきました。

どうしたら、山から利益を生めるのか。
日本全国に広がる山村の過疎化の問題と直結しています。
稼げないから暮らせない。
過疎化の根源的問題です。

寄稿_季刊地域32号_2018年冬号

日本の林業のこの状況をを何とかしなければならない。
そんな私の思いと通ずる内容に、とても嬉しい思いで拝読しているところです。

書誌詳細情報はこちらからどうぞ

これって、薪ストーブの王様?

これって、薪ストーブの王様? 「メイソンリー・ヒーター Masonry Heater」というものらしい。 花巻市大迫町で行われた林業イベントの夕食会で同席した方たちと、薪ストーブの話で盛り上がった。 お話を聞いていると、その中の地元在住のお二人が石で出来たストーブを使っているらしい。 通常、薪ストーブは鉄製のものが普通で、石製のものもあるが形は鉄製の薪ストーブとあまり変わらない。しかし薪の年間使用量が私の認識の半分以下の話をしているので、どうも引っ掛かり、お一人の方に見せてほしいとお願いした。
メイソンリー・ヒーター
翌日、「馬搬見学会」終了後、一緒にお宅に寄らせてもらった。 にこやかな奥さんに出迎えられリビングに通されると、そこには見たこともない大きさの石製の薪ストーブが鎮座していました。 昨晩火を入れたっきりというが、翌日の昼だというのにまだ温かい。 煙突部分と合わせてその重さは、何と3トン以上あるという。 これはすごい。 さすが極寒のフィンランド人が考える暖房器具だ。盛岡市に輸入販売店があり、16年前に220万円かったということでした。勿論、このメイソンリー・ヒーターを中心に家を設計し、あまりの重さに、床の上ではなく、地面からコンクリートで基礎を作ってその上に乗せているそうです。 是非使ってみたい、そんな夢のストーブです。
メイソンリー・ヒーター
メイソンリー・ヒーター

馬搬の実演を見学しました

12月10日に岩手県花巻市の大迫地区の市有林にて行われた「馬搬の実演」を見学してきました。 「馬搬」とは、馬を使って山から木材を搬出する技術です。 馬を飼うこと自体、一般的には難しい現代社会において、ほとんど使われなくなった搬出方法です。 今は維持管理の難しい馬に代わる様々な機械が生み出されていますが、機械には真似できない馬の能力があります。
馬搬の実演を見学しました
遠野馬搬振興会の岩間敬氏が、実際の山で伐倒された木材を馬で搬出する実演をしてくれました。 岩間さんは農業と林業の両方を営んでおり、8頭の馬を所有し「馬搬」技術の継承をされている全国でも珍しい方です。長野から修行に来ているという研修生の方が馬を引く役でした。 エンジンウインチに比べて素早い機動性、クローラ付き運搬車などでは難しい障害物のまたぎなどを強調されておりました。

ロープウインチでの集材動画2点を掲載しました

全国林業機械展に出展しました

11月19・20日に香川県坂出市で開催された、「2017森林・林業・環境機械展示実演会」に出展してきました。

これは、毎年各県持ち回りで開催される「全国育樹祭」の記念行事として、育樹祭の行われる県で同時期に開催されるものです。今年は香川県坂出市の番の州臨海工業団地で行われました。

坂出市は、瀬戸内海に面し臨海地区に石油コンビナートが立ち並ぶ工業都市です。

岡山からJR線で瀬戸大橋を渡り40分ほどで着きます。

2017森林・林業・環境機械展示実演会_新庄自動車様
2017森林・林業・環境機械展示実演会_新庄自動車様
2017森林・林業・環境機械展示実演会_新庄自動車様

大メーカーや大型展示物がひしめく中、新庄自動車さんの大規模ブースの一角をお借りし、展示実演を行ってきました。
新庄自動車さんは、林業用大型トレーラーにおいて日本屈指の製造メーカーさんです。
大型トレーラー6台を差し置き、最前列の場所をいただき、デモンストレーションを行いました。
「小さいものは前でやらないとだめだよ」と新庄自動車の佐藤社長からご配慮いただき、2日間フル回転で実演しました。

2017森林・林業・環境機械展示実演会_ウインチ_会場
2017森林・林業・環境機械展示実演会_ウインチ実演

大会事務局から、全来場者数が14500人と発表されましたが、これは昨年の12000を大きく上回るものでした。我が社のブースにも非常に沢山の方々にお立ち寄りいただき、150部用意したカタログでは全く足りず、最後は名刺を渡してウェブサイトを見てくれと言うしかない始末でした。

おおよそ300人ぐらいから好反応をいただいた感じです。

来年の開催地は、東京都の奥多摩地区です。 今年よりもしっかり準備して、また参加したいと思っています。

新アルミプーリーと背負いキャリアが新発売になりました

当社が輸入販売を行うイタリアDOCMA社から新アイテムが2点リリースされました。 ひとつは、耐力26kNのアルミプーリーです。 鉄製で同じ形状・同じ規格の物が以前から販売されてきました。 それのアルミ版です。 性能も形状もほぼ同じ、若干厚みが増している様です。 最大の違いは軽さです。 従来の鉄製が1240gだったのに対し、約半分の680gに仕上がっています。 これだとポケットに入れられます。 作業現場手の携帯性が抜群にアップすること間違いなしです。 但し、対応ロープ径が4~6.5ミリとなっており、VF155用です。 VF80・VF105には使えませんのでご注意ください。
耐力26kNのアルミプーリー
アルミプーリー
もうひとつは、VF80・VF105用の背負いキャリアです。 これらエンジンウインチは、両機種とも10.5kgと超軽量で通常の持ち運びに不自由はないのですが、急斜面を上り下りするときは両手をフリーに使いたいものです。 そんな時に重宝するいわゆる背負子です。 小物を入れるスペースも付いていますので、スリングやプーリーなど他の道具を一緒に運べます。 作業負担の軽減は安全につながります。 必要に応じてご検討ください。
VF80・VF105用背負いキャリア
VF80・VF105用背負いキャリア
イタリアDOCMA社は、引き続き色々なアイテムを開発中です。 是非ご期待ください。

捨て伐採という日本林業の実態

今の林業用語に「捨て伐採」という言葉があります。
この言葉は、日本に於いてとても貴重な資源である木材をまさに無駄に捨ててしまう事を言います。
何故わざわざ伐採した木材を捨ててしますのか。非常に理解しがたい実態があります。

2年ほど前、私がよく通る国道沿いの山林1.5町歩ほどが伐採されました。50年生ぐらいの杉山です。
人目に付くところでの大規模な山林伐採など、ここ何十年も目にしたことが無かったため、非常に珍しく思える光景で、何度かその現場の前を通るたび興味をもって眺めていました。

捨て伐採という日本林業の実態_フォレストサプライコラム

国道に面しているため、大型トラックなどのアクセスは抜群に良く、しかも平らなので重機による作業性も非常に良い条件の場所です。大型のハーベスタも入り、あっという間に伐採は進んでいきました。大型の運搬トラックなどが出入りし、順調に搬出が進んでいくのだなと思っていました。

ところが数ヶ月すると伐採された現場に、結構な量の木材が積まれたまま残されていました。
末口(根元の切り口)30センチ以上の立派な木材が結構含まれています。
玉切りの寸法も統一され、いつでも運び出せるという状態のものも含まれています。
そのうち搬出されるのだろうと思っていましたが、冬になり雪が積もり、夏が来て草がぼうぼうになり、そして気が付けば無惨な状態になっていました。

捨て伐採という日本林業の実態_フォレストサプライコラム
捨て伐採という日本林業の実態_フォレストサプライコラム

これが、話には聞いていた捨て伐採かと実感した瞬間でした。

売りやすい規格の木材は搬出されたのでしょうが、その他の木材は捨てられる。

何故そうなるのか。日本林業における助成金の仕組みがそうさせていると言います。

つまり、せっかく数十年の月日をかけて育った樹木を木材資源として無駄なく活かすのではなく、樹木を効率よく伐採することだけに助成金が出ているのです。
大型機械を導入して、低コストで効率よく片っ端から伐採していく。そして、その伐採された樹木が無駄なく利用されることなど全く興味がないという、現場実態が見えてきます。
これは正に、森林資源の無駄遣いであり、環境破壊です。

今すぐストップさせなければなりません。

山に捨て去られた木材は、やがて腐敗し二酸化炭素を排出し続けます。全ての有機物に共通の事です。
いずれそうなるのであれば、その前に燃料として有効利用し、少しでも化石燃料の使用量を減らすことに利用する。これが木質バイオマスの考え方です。重量当たりの熱量換算で、木質燃料は石油や石炭などの化石燃料に比べて2倍の熱量があるそうです。

伐採した樹木をきれいに山からかたずけることにより、その場所にまた新たな植物が育ち、二酸化炭素を吸収してくれること。これが循環型林業の姿です。
大型機械で一気に大規模に効率的に施業するのではなく、山を見ながら小規模に選別的に施業することにより、無駄がなく継続的な林業構造を日本に構築することが急務です。
軽トラックやチェーンソー、小型エンジンウインチなどでも十分林業ができます。

そういう気運が日本全国に溢れ出す日が来ることを望んでいます。